「ブログ」タグアーカイブ

WordPressでGoogleAdsense広告のついたブログ構築 (1) レンタルサーバーと独自ドメイン

備忘録も兼ねて、WordPressを使ってGoogleAdsense広告を設置したブログの構築手順をまとめておきたいと思います。

記事を書いて共有できれば満足であれば無料のブログがたくさんあるのですが、今回は初めて、アフィリエイトに挑戦してみたい、かつ、調べたところ最も効率がよいといわれているGoogleAdsenseを採り入れてみたい、となると、どうやら独自ドメインが必要無料ブログではだめ、なようです。

 

独自ドメインを取得

ドメイン取得には、昔『ホームページ』なるものを作っていたころにも利用していた、お名前.com を利用することにしました。

名前と拡張子を決めて取得 – 99円/年

拡張子は、.com とか .net とか誰でも簡単に覚えられるものもいいけど、せっかくだから愉しみでやっていることがわかるようなのがいいなと思っていたところ、.fun というぴったりのものがあるらしい!ということでさっそく “lifewithcats.fun” で契約。初年度の利用料は99円でした。

が!99円だけでさくっと始められるわけではありませんでした^^;

 

ドメイン利用料が安いのは初年度だけだった – 2年目から 4,260円/年

どのタイミングでどの拡張子を選ぶかによるみたいなのですが、私が選んだ .fun はたまたまそのときセールで99円だっただけのようで、2年目からは定価になってしまいます。なんと4,260円。。。

そして2年目からの価格は、新規登録時に2年以上分を申し込んだほうが、あとから2年目以降の更新を申し込むよりお安かったらしいのです。。。

うーーーん、とりあえず1年お試し!99円ならうまくいかなくても惜しくないし♪ってことで1年分だけ申し込んだのは、ちょっと失敗だったたかも。あと .fun というのは新しいからかちょっとお高めみたいで。

でも、まあ、.fun は気に入っているのでいいかなー。

 

Whois情報公開代行 – 980円/年

Whois とは、『ドメイン保持者のIPアドレスや氏名・住所などの登録者情報を誰でも閲覧できる情報提供サービス』です(お名前.comより)。

たとえばこういうところでドメイン名を入力して検索すると、ドメイン取得時に入力した住所などが表示されるのがわかります。

私の場合自宅の住所などが表示されてしまうことになって困るので、この情報公開代行サービスに申し込み、自分の個人情報ではなくお名前.comの情報が表示されるようにしてもらいました。

ほかのドメイン取得会社でも同様のサービスがあるんじゃないかと思います。

 

Whois情報公開代行メール転送オプション – 300円/年

前述の代行サービスに申し込むと、ドメイン所有者のメールアドレスはお名前.com のものが表示されるようになりますが、もしそのアドレス宛に、ドメイン所有者である私宛のメールが届いた場合に、本当の私のメールアドレスに転送してくれる、というもの。

私みたいな一個人にメールが届くかどうかわからないけど、一応申し込んでみました。1年たって何もなければメール転送オプションだけ外してもいいかなと。

 

レンタルサーバーを契約

いろいろググっていると、優秀なCMS(コンテンツマネジメントシステム)としてそこかしこで名前を見たことのあるWordPressGoogleAdsenseの組み合わせがよく使われているようで、困ったときにいろいろ調べやすそう!WordPressの経験もしておいたほうがあとあとよさそう!ということで、WordPressが利用できるレンタルサーバーを探すことに。

信頼度とお手頃さで、エックスサーバーを勧めているサイトが多かったのですが、極力費用をかけたくなかったのでロリポップを利用することにしました(スタンダードプラン、初期費用1,500円+6,480円/年)。WordPressは簡単にインストールできるそう!

ロリポップ利用料金

 

気になる費用は

ドメインとサーバーで、

初年度…………..9,359円
2年目以降…….12,020円  なり。

せめて元がとれるぐらいの、いや、元とか気にならないくらいのものにしていきたいですなあ。